フォトグラメトリ手順書 05 写真とレーザースキャンデータの合成編

シェアする

※レーザースキャンを使用していない場合はこの手順はスキップ

RealityCaptureの新規プロジェクトを作成する。

先の工程で書き出していたレーザースキャンのComponent(.rcalignファイル)をドラッグ&ドロップで読み込む。

続いて写真のComponent(.rcalignファイル)を同様に読み込む。


レーザースキャンのComponentと写真のComponentを合体させるためにControl Pointを使用する。
レーザースキャンと写真と同じ位置にControl Pointを打つことで合体させることが出来る。

まずはレーザースキャンのComponentを選択しControl Pointを有効にしたら、特徴的な箇所にControl Pointを打っていく。

Control Pointoを打つ位置はコントラストの高い場所にする。
※コントラストが低く位置が曖昧な場所に設定してしまうとズレの原因となる


続いて写真の方のComponentを選択し、レーザースキャンの方と同じ位置にControl Pointを設定する。


Control Pointは最低3ヶ所打つ。
※2ヶ所しかないと3軸目が確定していないため合体時に回転してしまう事がある


Control Pointの設定が完了したらMerge Componentsを実行し、レーザースキャンと写真のComponentを合体させる。


レーザースキャンと写真が合体出来た。


まずはNormal Detailでメッシュ化を行い、問題無いのが確認出来たら本番用にHigh Detailでメッシュ化する。


続いてモデル調整を行います。