Unity ARKit Remote の使い方

シェアする

Unityのエディタ上でARKitの動作確認ができる「ARKit Remote」の使い方。

ひとまず機械翻訳のみ。

後日またちゃんと手順まとめよ。

※2017/08/11追記

詳細な手順こちらへアップしました〜。

◆1
まずBitBucketまたはUnity Asset StoreからUnity ARKit Remoteを含む最新のUnity ARKit Pluginコードをダウンロードします。

◆2
UnityARKitRemoteというシーンを互換性のあるiOSデバイスに構築します。
ビルド設定で「開発ビルド」を使用する必要があります。
これは、あなたが耐えなければならないiOSへの唯一のビルド時間です。

プロジェクトの残りの反復はエディタで実行できます。
iOSを構築するときは、PlayerSettingsの製品名とバンドルIDを変更して、
それがUnity ARKit Remoteであることを示す必要があります。

◆3
Unity ARKitプラグインを使用するアプリケーションを含むシーンを開きます。
ARKitRemoteフォルダから、シーンのルートにARKitRemoteConnectionプレハブを追加します。
テストする場合は、同じフォルダのEditorTestSceneに既に追加されています。

◆4
デバイス上のステップ2からUnityARKitRemoteアプリを実行します。
それは、 “エディタの接続を待っている”という黒い画面を表示する必要があります。

◆5
エディターでplayを押します。
ゲームウィンドウの緑色の画面に、
コンソールメニューの「プレーヤーに接続してください」と表示されます。

◆6
この手順では、デバイス上のUnity ARKit Remoteアプリケーションにエディタを接続する必要があります。
これは、Unity 2017.1が便利な場所です。
コンソールウィンドウに「Connected player」というメニュー項目があり、
使用可能なすべてのプレーヤーをドロップダウンして接続します。
お使いのデバイスに対応するものを選択します。

Unity 5.6のバリアントでは、ウィンドウ/プロファイラメニューからプロファイラウィンドウを作成する必要があります。
そしてProfilerウィンドウの一番上に、あなたのデバイスを選択するためのドロップダウン “Active Profiler”があります。

◆7
ステップ6で成功した場合は、ゲームウィンドウの上部に「Start Remote ARKit Session」と書かれたボタンがあります。
このボタンを押すと、デバイス上でARKitセッションが開始され、エディタにデータが送信されます。
エディタは、デバイスと同じビデオを表示するだけでなく、シーンをナビゲートする必要があり、
ポイントクラウドデータと見つかったプレーンの表示を一時的に開始します。

原文はこちら↓

1. First download the latest Unity ARKit Plugin code that includes the Unity ARKit Remote from either bitbucket or Unity Asset Store.

2. Build the scene called UnityARKitRemote out to your compatible iOS device. You should use “Development Build” in your Build Settings. This is the only build time to iOS you will need to endure – the rest of the iterations on your project can happen in the editor. When you build out to iOS, you should change the product name and bundle identifier in the PlayerSettings to signify that it is the Unity ARKit Remote.

3. Open the scene which contains your app that uses the Unity ARKit Plugin. From the ARKitRemote folder, add the ARKitRemoteConnection prefab into the root of your scene. If you want to test it out, it has already been added to EditorTestScene in the same folder.

4. Run the UnityARKitRemote app from step 2 on your device. It should display a black screen with “Waiting for editor connection..”

5. Press play in the editor: your game window should have a green screen with “Please connect to player in the console menu” near the bottom.

6. In this step we need to connect the editor to the Unity ARKit Remote app on the device. This is where Unity 2017.1 comes in handy: it has a menu item in the Console window to “Connected player” with a dropdown of all the available players to connect to. Select the one that corresponds to your device. In Unity 5.6 variants, you have to create a Profiler window via Window/Profiler menu. And then at the top of the Profiler window, there is a dropdown “Active Profiler” from which you select your device.

7. If you were successful in step 6, you should have a button on the top part of your Game window labelled “Start Remote ARKit Session” in editor that when pressed will start the ARKit session on the device and start transmitting data to the editor. The editor should be displaying the same video as the device, as well as navigating through your scene, and it will momentarily start showing the point cloud data as well as the planes found.

Like! ^_^)/ 0
Loading...