Metashapeを用いた写真のブレやボケの検出

シェアする

撮影した写真が数千、数万と大量にある場合そこからブレやボケのある写真を探し出すのは用意ではないです。

自動で検出する方法が無いかと探っていたところ、Metashapeの「画像品質の概算値 (Estimate image quality)」を使えば可能な事をリアルアバター制作の岩山さんに教えていただきました。

以下にその手順をまとめました。

手順

Metashapeを起動し、チェックしたい写真を読み込む。
Metashapeは無料版でも可。

読み込まれた写真一覧から右クリックしコンテキストメニューから画像品質の概算値 (estimate image quality)を選択。

ダイアログが表示される。
今回はすべての写真をチェックしたいので全てのカメラを選択し、OK。

品質チェックの処理が開始される。
写真の解像度がや枚数によっては10分以上かかる場合もある。

処理が完了すると品質欄に処理結果の値が表示される。

値は0~1の間で、低品質なもの程低い値となる。
0.3以下のものに大きなブレやボケや含まれているので、各写真を確認し不要なものは除外する。

フォトグラメトリで利用する場合はこのままMetashapeで進めても良いし、RealityCaptureや3DF Zephyrで料理しても良し。

以上。